子どもの身長を伸ばす三大要因を徹底紹介!

親の身長が低いと子どもも低くなると言われますが、

本当なのでしょうか?

遺伝も多少はあると思いますが、他にも影響があるのではないでしょうか。

 

昔から、「寝る子は育つ」と言われていますよね!

夜遅くまで起きていると確かに身体によくないです。

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、こちらも関係あると思います。

 

遺伝的要因もあるとは思いますが、毎日の生活をちょっと改善すれば

身長を伸ばすことができるかもしれませんよ!

 

身長を伸ばす為の3つの要因があります。

それは、①栄養 ②睡眠 ③運動です。

これらについて詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

Sponsored Links

目次

第一章 栄養について

第二章 睡眠について

第三章 運動について

第四章 まとめ

 

第一章 栄養について

カルシウム

骨や歯を作る為に必要なミネラルです。

骨を強くする働きがあります。

 

チーズやヨーグルト、ワカメやしらす干し、

大豆製品、野菜(小松菜やチンゲン菜など)に多く含まれます。

 

マグネシウム

カルシウムの吸収と代謝を調節します。

 

豆腐(もめん)、アーモンド、大豆、落花生、ほうれん草、インゲン豆、鰹などに含まれます。

 

亜鉛

骨の成長に直接関わっているミネラルです。

背を伸ばすのに欠かせない物質です。

 

牡蠣(かき)、納豆、ホタテ、豚レバーなどに含まれています。

 

たんぱく質

骨や筋肉などの材料となります。

成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。

 

鶏ささみ、胸肉、マグロ、、たまごなどに含まれます。

花粉症

 

毎日の食事で、これらの食品をバランスよく摂っていくことが大切です。

もちろん、間食でスナック菓子などは極力減らすようにしましょう。

もしどうしてもお腹がすいたら、チーズやヨーグルトなどを摂るようにしましょう !

 

第二章 睡眠について

睡眠をしっかり取ると成長ホルモンが多く分泌されます。

成長ホルモンが一日のうちで一番多く分泌されるのが、

22時~2時の間です。

055057

 

この4時間に熟睡できると成長ホルモンがたくさん分泌されるのです。

 

◆理想の睡眠時間

  • 幼児期~小学生:10時間
  • 中学生:8時間

 

◆早く寝る為の注意

 

      • 寝る2~3時間前に食事をしない
      • 寝る直前までテレビを見たり、ゲームをしない
      •  勉強も寝る前にすると、脳が興奮して眠れなくなる
      •  怒ったり、イライラしていると興奮して眠れない
      •  夜遅い時間に外出しない(コンビニや繁華街の光は刺激となる)
      •  21時には布団に入る
      • 寝る部屋は、暗くして静かにリラックスできるようにする

 

子どもは、学校から帰って来てすぐに勉強をすればいいのに

なかなかやりませんよね!

ランドセルを置いたら、友達と遊ぶのが日課ですものね。

 

そして、寝る前ぐらいになり「今日の宿題やってない!」と言い出し

必死にやります。それでは、すぐに寝付けませんよね!

早く眠れるよう、親も協力してあげなくていけませんね。

 

第三章 運動について

身長を伸ばす為には、運動は欠かせません。

野球やバスケット、バレーボールなど縦方向のジャンプをすることで

骨を刺激して骨の成長が促され、成長ホルモンが分泌され身長が伸びるのです。

 

筋肉トレーニングもやり過ぎない程度にしましょう。

適度な運動をしましょう!

 

運動すればお腹もすきます。

ほどよい疲れは、良い睡眠にもつながります。

 

そして、毎日ストレスを溜めてイライラ過ごすのではなく、

ニコニコ、楽しく過ごすことがとても大切です。

Sponsored Links

第四章 まとめ

遺伝による身長への影響は、およそ25~30%です。

遺伝的要因もありますが、それ以上に栄養・睡眠・運動など

回りの生活環境が大きく影響されます。

 

栄養睡眠運動この3つを気をつければ、

身長が少しは伸びるかもしれません。

子どもの身長が低くて悩んでいる方、試してみてはいかかですか?

 

早寝、早起き、そして3食栄養バランスの良い食事をしましょう。

余分な間食をしないよう心がけ、できるだけ標準体型を維持しましょう。

太ってしまうと、身長が伸びにくくなるようです。

 

規則正しい生活をするのが一番良いのでは・・・と思います。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ