クエン酸と重曹でエコ掃除しませんか?

クエン酸と聞くと、酸っぱい感じがしますよね!

最近、重曹と並びエコな掃除として注目されているのです。

あらゆる場所のお掃除に重宝されています。

 

クエン酸は、水垢やミネラル汚れを落とすのが得意です。

重曹は、油汚れや鍋の焦げなどを落とすのが得意です。

 

そんな、クエン酸と重曹を組み合わせてお掃除すれば

ピカピカになること間違いなし。

エコで、安価で、キレイになるなんて・・・すごいですよ!

[gads]

目次

第一章 クエン酸と重曹の違い

第二章 組み合わせてエコ掃除

第三章 まとめ

 

第一章 クエン酸と重曹の違い

クエン酸:酸性
重曹:アルカリ性

 

クエン酸の代わりに「お酢」を使うことも可能。

汚れを落とすには、汚れと中和させることが大切なんです。

汚れとは逆の物質を使う必要があります。

 

アルカリ性の汚れは、酸性のクエン酸で落とす。

  • 水垢(シンク、ポット、蛇口、鏡など)
  • 魚の生臭み
  • 石鹸カス
  • トイレの黄ばみ、尿の臭い
  • まな板の除菌
  • 煙草のヤニ

 

クエン酸は、身体にやさしいとして人気です。

酸性なので、カルシウムなどを溶かしたり、アルカリ性の物質を

中和したりする働きがあります。

 

これを利用し、水回りの白い汚れを落としたり、

電気ポットの掃除に使うといいですよ!

 

トイレのアンモニア臭もアルカリ性なので、中和して消すことができるのです。

プリント

 

酸性の汚れは、アルカリ性の重曹で落とす。

  • 油汚れ、焦げつき
  • ほこり、手垢
  • 生ごみの臭い
  • 食器洗い
  • 排水口
  • 湯垢、汗

 

重曹は、アルカリ性なので酸性の油汚れを中和して落としやすくします。

重曹の成分は、お菓子作りや胃薬に使用されているものなので

家庭でも安心して使うことができます。

 

第二章 組み合わせてエコ掃除

クエン酸重曹を組み合わせて掃除をしよう!

 

排水口の掃除

重曹を振りかけて、クエン酸水をかけると効果的!

泡が出てきて、汚れをグングン落としてくれます。

 

お風呂掃除

皮脂や汗を含むお湯は「酸性」なので、重曹を使います。

洗い場の石鹸カスなどは「アルカリ性」なので、クエン酸を使います。

 

窓掃除

窓の汚れは、水垢以外に排気ガスや換気扇からの油汚れもあります。

汚れが少ない時は、クエン酸水でスプレーし拭きましょう。

汚れている時は、重曹水で拭いてから、クエン酸水で後拭きしましょう。

プリント

注意:クエン酸は、鉄や大理石には使えません。

[gadss]

第三章 まとめ

このように、クエン酸と重曹を使い分けることで、エコでキレイな掃除ができます。

エコでキレイになるなんて、一石二鳥ですね!

 

汚れとは逆の物質を使うことで、汚れを中和させ

落とすことができるのですね!

 

ただ、たわしや強力な洗剤を使って、ゴシゴシするのではなく

この汚れは、どんな汚れか・・・?

など考えながらお掃除するのもいいかもしれませんね!

 

エコで楽に、そしてキレイになるならいいですよね!

みなさん、ぜひ試してみて下さいね。