佐原の大祭!【夏祭り】江戸の風情を味わおう!

佐原の大祭とは、千葉県香取市(旧佐原市)佐原の市街地で行われる

7月の本宿・夏祭り(祇園祭)と、10月の新宿・秋祭りをいいます。

 

「佐原の大祭」夏祭りと秋祭り(国指定重要無形民俗文化財)は、

関東の三大山車祭りの一つとされ、約300年の伝統を引き継いでいます。

 

は、小野川より東側の八坂神社夏祭り(祇園祭)で山車が10台

は、小野川より西側の諏訪神社秋祭りで山車が14台

 

山車(だし)は、哀調漂う佐原ばやしの音と共に町の中を曳き廻されます。

佐原ばやしは、独特のひびきと楽曲で、曲に合わせて踊りもあり

一緒に踊りたくなりますよ!

 

山車は、そろばん曳き、こばん廻し、のの字廻しなど・・・

迫力があるので、ぜひご覧くださいね!

今回は、佐原の大祭・夏祭りを紹介します。

[gads]

目次

第一章 佐原の大祭!「夏祭り」見どころ

第二章 「夏祭り」日程

第三章 アクセス

第四章 まとめ

 

第一章 佐原の大祭!「夏祭り」見どころ

自慢の山車(だし)は、総欅作りの本体に関東彫りの

重厚な彫刻が飾りつけられ、上部には、江戸・明治期の名人人形師によって

制作された高さ4mにも及ぶ大人形などがのっています。

 

佐原では、山車を動かすことを曳き廻しと言います。

曳き廻しは、長さ4m・重さ20kg程ある「てこ」と呼ばれる2本の長い丸太

重要な役割を占めています。

 

てこの棒を山車と山車の車輪の間に差し込み、梶をとったり、

停止させたりして、速度をコントロールしています。

 

一般的な曳き廻しに対し、技を競うと共に最大の見せ場として

特別な曳き廻しを「曲曳き」と言います。

のの字廻し・そろばん曳き・こばん廻しの3つがあります。

 

いずれも曳き綱は使用せずに行われます。

大人達が協力し、動かすのでかっこいいですよ!

 

 

江戸情緒あふれる町の中を、大きな山車が曳き廻され、

とにかく迫力がありますので、見て下さい。

 

第二章 「夏祭り」日程

開催期間:毎年7月10日以降の金・土・日の3日間

開催時間:10:00~22:00 雨天決行
(雨の場合は、山車人形にはビニールシートがかけられる)

場所:千葉県香取市佐原(夏は、小野川を挟んで東側。本宿一帯です)

072526

お祭りの時期に行けない方は、水郷佐原山車会館へ行ってみましょう!

高さ9mもある山車が2台展示してあり、

迫力ある映像と共にお祭り気分が味わえますよ!

 

第三章 アクセス

電車でのアクセス

最寄駅:JR成田線 銚子行き又は鹿島神宮行きで佐原駅下車
時間:成田より約30分
料金:IC496円(切符500円)

電車の本数は、一時間に一本なので時間を確認して乗車してください。

 

車でのアクセス

東関東自動車道 佐原香取ICより10分・大栄ICより20分

 

大栄ICより出てすぐに桜田権現前の交差点があり、
その近くに「大栄成果」があります。

新鮮な果物や野菜などが売っていて、美味しいです。

 

バスでのアクセス

京成バス・千葉交通 浜松町・東京駅発佐原経由銚子行き
佐原駅北口下車

関鉄グリーンバス 東京駅発釜田駅行き 佐原駅等で下車

 

穴場の無料駐車場

車でアクセスする方が多いと思うのですが、実は穴場の無料駐車場があります。
地元民や近隣の方がよく利用する駐車場ですが、

ちょっと早めに行けば空いているので穴場ですよ!

 

無料駐車場:利根川河川敷臨時駐車場あり

 

そのほか、シャトル船の運航もあります。
臨時駐車場からお祭り区域まで運航。

料金は大人1000円 小人500円 (9:30~21:00まで)

 

舟から見る山車もいいですよ!是非、行ってみて下さいね!

[gadss]

第四章 まとめ

 「佐原の大祭」へ行ってみたくなりましたか?

一度は、行ってみて下さい。

都心からもそんなに遠くないので、日帰りで十分楽しめますよ!

 

あの大きな山車は、間近で見るとすごい迫力ですよ!

子どもは、ちょっと怖がるかもしれませんが・・・

とにかく、江戸時代にタイムスリップした気分になりますよ!