足の臭いの原因は何?ニオイを消す方法を徹底紹介!

足の臭い、気になりますよね!夏は素足にサンダルで気をつけていますが、冬はブーツなどで蒸れていること多いですね!ブーツを脱いだら「プ~ン」なんてことあります。

 

足の臭いの原因は、汗なのでしょうか?汗は、クサイと思われがちですが、汗自体はそんなに臭いません。汗や角質をエサに雑菌が繁殖し、ニオイの原因を作っているのです。

 

今回は、足の臭いの原因と臭いを消す方法を教えます。足の臭いが気になるあなた!参考になさってくださいね。

[gads]

目次

第一章 足の臭いの原因

第二章 臭いを消す方法

第三章 まとめ

 

第一章 足の臭いの原因

【足の臭いが発生する仕組み】

  • 足は、汗がたくさん出る場所である。
  • 汗は臭くない。無臭である。
  • 汗や角質を栄養に雑菌が繁殖するとニオイの原因となる

 

足の裏には、汗を分泌する汗腺が多いのです。人は、一日に足の裏から約コップ一杯分の汗を排出しています。汗腺には、「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類があります。

 

エクリン腺:体温を調節するための汗で汗自体は無臭

アポクリン腺:体臭の原因ともなる臭いのある汗

 

足の裏から分泌される汗は、それ自体が臭っているわけではなく、高温多湿の環境の為、雑菌が繁殖しやすいのです。汗や角質をエサに雑菌が繁殖し、ニオイの原因を作っているのです。

 

足は、靴下を履いて靴を履くので、高温多湿です。蒸れた靴の中は、細菌が繁殖するのに最も最適なのです。素足や靴下は毎日洗いますが、靴は毎日洗うことはほとんどないでしょう!

 

靴のケアが大切になります。

 

【食生活による原因】

脂っこい食事や刺激物、アルコール、ニラやニンニクなど好んで食べると、体臭も強くなりやすく、足のニオイも強くなります。

 

【靴による原因】

革製の靴など、通気性の悪い靴では汗が放出されず蓄積され、雑菌が繁殖してニオイが染みつきます。

 

【病気による原因】

自律神経失調症や水虫が原因の場合もあります。水虫自体にはニオイはありませんが、ニオイを発するほどの高温多湿が水虫を発生しているのです。

 

※病気が疑われる場合は、病院でみてもらいましょう!

 

ニオイのもとは、足ではなく汗をかいた靴下蒸れている靴の中で、雑菌が繁殖し、嫌なニオイの原因を作りだしているのです。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

第二章 臭いを消す方法

①足を清潔にしましょう

靴を脱いだら、すぐに石鹸で洗うのが一番です。洗った後は、よく乾かしましょう!それができない時は、ウエットティッシュなどで足を拭き、よく乾燥させます。

 

②足の角質ケア

入浴やフットバスで足をつけて、角質を柔らかくする。軽くタオルで拭いた後、ファイル(やすり)で角質を除去する。その後、化粧水をつけ、ハンドクリームをたっぷり塗り、ラップあて靴下を履く。

 

③足の蒸れをさける

自宅では、できるだけ素足で過ごす。足の通気性を良くしてあげましょう!5本指の靴下を利用するのも良いです。

 

④毎日、同じ靴は履かないこと!

靴は、日履いたら、2日休ませるのが良い。同じ靴を履き続けると、靴の湿気が抜けきらずクサイもとになってしまう。

 

⑤下駄箱の消臭と乾燥

新聞紙やトイレットぺーパーを入れて除湿しましょう。靴の中にお菓子に入っているシリカゲル(乾燥剤)を袋のまま入れておくのも良いでしょう!(靴の中の湿気をとってくれますよ)

[gadss]

第三章 まとめ

気になる足の臭いもこれで解消できますよ!まずは、①清潔に!②足のケア③靴のケア 足の蒸れをなくし、通気性をよくすることが大切です。

 

足の裏の汗がコップ一杯分もあるなんて驚きですね!ちょっと気をつければ、足のニオイで悩むこともなくなりますよ。

 

みなさん、試してみて下さいね!