足が速くなる方法!きっと運動が好きになる!

子どもの運動会を見に行って来ました。運動会を見て、毎年思うことがあります。足の速い子とそうでない子では、何が違うんだろう・・・?

 

足の長さ?と思っていたのですが・・・背が小さくても速い子はいます。

 

では、何が違うのでしょう?

 

よく観察してみると、足の速い子はバタバタ・ドタドタ走っていません。地面を軽く蹴って、弾むようにリズム良く、軽やかに走っています。

 

そうです!走り方がキレイなんです。

 

そこで、速く走れるようになる為のトレーニングはないか?探してみました!

 

すぐには速くならないかもしれませんが、数カ月~1年くらいトレーニンすれば、今より速く走れるようになるのです。

 

是非、試してみて下さい。それでは、見ていきましょう!

[gads]

目次

第一章 正しい走り方を身につけよう

第二章 足のトレーニング

第三章 腕の振り方

第四章 コーナーを上手に走るには・・・

 

第一章 正しい走り方を身につけよう

みなさんは、「走り方」誰かに教えてもらいましたか?私は記憶にないです・・・たぶん、友達や親、兄弟の走り方を真似したのだと思います。

 

まずは、走り方のフォームを正しく直してみましょう!

 

  • 走り始めは、体を前に倒した姿勢で走る
  • 顔はあげず、斜め下(3歩先くらい)を見る
  • ももを高くあげながら走る
  • スピードがついてきたら少しずつ体を起こしていく
  • かかとをつけず、足の裏の前半分で力強く地面を蹴る
  • 腕をしっかり振る(脇はしめる)

 

032469

◆ポイント!

①足を高くあげる(ももを高くあげて走ると、1歩の幅が広くなりスピードがつく)

②地面をしっかりと蹴る(リズム良く、軽やかに)

③腕をしっかり振る(肘を直角にして、特に後ろに強く引くよう心がける)

 

正しいフォームが身につけば、きっと速く走れるようになりますよ!

 

骨盤や股関節の柔軟性を高めよう

骨盤スクワットや腹筋、背筋などをして柔軟性を高めましょう。

 

速く走る為には、歩幅を大きくすることも重要です。柔軟体操をして、体や関節を柔らかくしておくと良いでしょう!

141693

 

第二章 足のトレーニング

足があがらないと1歩の幅が狭くなりスピードが出ません。足を高くあげる練習をしましょう!

 

◆ももは地面と平行になるまであげましょう

  • 前を向いたまま、ももと地面が平行になるまであげる
  • 腕をしっかり振ると、足は高くあがりやすい

 

【練習しよう】

前に誰かに立って手のひらを下にしてかざしてもらい、ももがあたるまで繰り返しあげる練習をしましょう!

 

 

◆足の裏の前半分でしっかりと地面を蹴る

  • かかとは地面につけず、足の裏の前半分で力強く地面を蹴る
  • 蹴った足は素早く動かし、リズム良く走る

 

【練習しよう】

足跡がつきやすい砂場砂浜で走ってみよう!足跡をつけてかかとがついていないかチェックしよう!

 

自分の手をお尻にあて、足がつくようにして走る。足を速く動かす練習になります。

 

◆足の指や足裏のトレーニング

  • 足の指でタオルをつかむ運動です。足の指や足裏の刺激になります。
  • 足でじゃんけん(足の指を動かしましょう)

 

[gadss]

第三章 腕の振り方

腕をしっかり振ることで、足の動きもついてきます。腕の振り方も練習しましょう!

 

◆肘の角度は直角。「ひく」ことを心がけましょう

  • 肘は直角に曲げ、手のひらが腰の後ろにくるくらいまで「引く」ようにする
  • 反対側も同じようにする

 

【練習しよう】

後ろに誰かに立って、手のひらをかざしてもらい、そこに肘があたるまで繰り返し「引く」練習をする。

 

※握り方は、「グー」ではなく、「パー」に近い形で力を入れないこと!

 

第四章 コーナーを上手に走るには・・・

スピードをあげてコーナーを走ると、外側に膨らんでしまいます。内側に体を傾けてできるだけラインの近くを走りましょう!

 

①外側の右腕を大きく振るようにする

②外に膨らまず、ラインの近くを走る

③体は前に傾けながら、内側にも傾ける

 

【練習しよう】

小さな円を回ろう。外側に流されないようにスピードをつけ、小さな円を回ってコーナーに慣れよう!


少しでも速く走れるようになりたいですよね!これらのことをやってすぐに速くなるわけではないけれど・・・地道にトレーニングすれば、きっと速くなります。

 

まずは、正しい走り方を身につけましょう!

 

①足を高くあげて走る

②地面をしっかり蹴って、リズム良く、軽やかに走る

③腕をしっかり振る

④スタート時、勢いよく一歩を踏み出そう

⑤ゴールの先にゴールがあるつもりで全力で走ろう

 

 

少し速く走れるようになると、自信につながります。運動嫌いだった子も好きになるはず・・・

 

さぁ~試してみませんか?