キッコーマンもの知りしょうゆ館!野田しょうゆ工場

人気の工場見学。その中で今回はしょうゆ工場を紹介します。

日本を代表する調味料、しょうゆ

みなさんは、しょうゆの作り方を知っていますか?

 

しょうゆ工場では、原料や作り方について楽しく学ぶことができます。

併設のカフェでは、しょうゆのきき味ができたり、

話題のしょうゆソフトクリームを食べることができます。

 

他にも、特製もろみ豚汁・せんべい焼き体験など

しょうゆを使ったメニューが楽しめますよ!

ぜひ、出掛けてみて下さいね。

Sponsored Links

目次

第一章 しょうゆの豆知識

第二章 工場見学の案内

第三章 アクセス

第四章 まとめ

 

第一章 しょうゆの豆知識

どこの家庭にもある調味料しょうゆ。しょうゆは、江戸時代に広まりました。

千葉県は、しょうゆの生産地として銚子と野田が有名です。

その昔、野田は地理的にしょうゆを作るのに適した土地でした。

 

原料の大豆や小麦が関東平野でたくさん獲れ、

は、江戸川を利用して船で運ぶことができました。

 

キッコーマンのしょうゆ工場は、千葉県野田市に加え、

兵庫県高砂市、北海道千歳市と国内3か所に工場があります。

海外の工場でも生産されています。

 

しょうゆの原料は、大豆・小麦・食塩です。

しょうゆ作りの第一歩は、しょうゆこうじ作りです。

しょうゆこうじは、大豆と小麦から作ります。

 

おいしいしょうゆを作るには、良いしょうゆこうじ

作らなければなりません。

しょうゆこうじに食塩水を加えて、仕込み作業をします。

これをもろみと言います。

 

もろみは、こうじ菌がつくる酵素の働きで、さまざまに変化していきます。

発酵によって、大豆はのたんぱく質は、うまみ成分に変わり、

小麦のでんぷんは、あまみなどの成分に変わっていくのです。

 

これが長い時間をかけて、しょうゆらしい色、味、香りへと変化します。

もろみは、布に包んで時間をかけてゆっくり搾っていくのです。

 

第二章 工場見学の案内

工場見学は、まずしょうゆ作り方のビデオを見てから見学します。

しょうゆの素であるしょうゆこうじを観察したり、しょうゆについての

クイズ料理を紹介しているコーナーもあります。

 

とても勉強になります。

 

開栓直後と開栓後常温で保存したしょうゆの色と香りを

比較するコーナーもありました。

 

開栓後のしょうゆは冷蔵庫で保存する方が

おいしさが長持ちするそうです。

 

併設されている「まめカフェ」では、しょうゆ味のソフトクリームや

特製もろみ豚汁、せんべい焼き体験などが楽しめます。

 

3種類のしょうゆを豆腐につけて味比べをすることもできます。

それぞれのしょうゆの味や色、香りの違いを体感しましょう!

 

予約制で、事前に電話で予約しましょう。
電話:04-7123-5136

開園時間:9;00~16:00

休館日:毎月第4月曜日(祝日は翌日)
GW、お盆休み、年末年始や臨時休館する場合があるので確認して下さい。

見学開始時間
9:00 10:00 11:00 13:00 14:00 15:00

所要時間:約60分(ビデオ15分、見学45分)

見学受入人数:2名から

入館無料

ルールを守って見学しましょう!

 

第三章 アクセス

住所:千葉県野田市野田110 キッコーマン食品野田工場内

電車:東武野田線野田市駅より徒歩3分

車:常磐自動車道、流山インターチェンジより約20分

駐車場が狭い為、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

駅からも近いのでアクセス便利なしょうゆ工場ですよ!

 

 第四章 まとめ

しょうゆの原料や作り方について、楽しく学ぶことができ、

しょうゆ工場ならではの、メニューを楽しむことができますよ!

 

大人も子どもも楽しめると思いますので、一度行ってみて下さい。

 

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ