漢字を覚えるコツ!100点も夢じゃない!!

子どもが小学生なんですが、漢字が苦手でなかなか覚えられず苦戦しています。へんやつくりが反対だったり、いろんな漢字が合体され自己流の漢字ができたり・・・ビックリします!

 

自分が小学生の頃は、とにかく「書いて覚えなさい!」と何十回もノートに書いたものです。でも、しばらく時間が経つと忘れちゃうんですよね~

 

漢字は、暗記です。繰り返しやることで覚えるのです!でも・・・せっかく覚えても忘れてしまうなんて、悲しくなりますよね。

 

簡単に覚えられる方法はないのでしょうか?

 

今回は、簡単に覚えるコツを教えちゃいます。漢字が苦手なんて言わせませんよ!

 

目次

第一章 漢字の覚え方のポイント

第二章 漢字活用法

第三章 まとめ

 

第一章 漢字の覚え方のポイント

 

「漢字は苦手~」という子多いですね!イヤイヤ覚えても、忘れてしまうのでもったいないです。楽しく覚えたいですよね。それには、どうすれば良いのでしょう?

 

 

【覚え方のポイント】

 

  • 漢字に興味を持つこと(無理にドリルをやらせたり、勉強を強制しない)
  • 読むことからスタート
  • 部首を覚える(へんやつくりに○をつける)
  • 回数ではなく頻度を増やす(朝、昼、夕 3回に分けて5回ずつ)
  • 音を耳で覚える(書けない漢字は何度も口に出して言う)
  • 意味を考えながら覚える
  • 読書をする

 

013460

 

 

◆出掛けた時に車や電車で見かけた広告などで問題を出す

 

◆トイレに漢字表を貼って目に入るようにする

 

◆漢字は大体が組み合わさってできているので、部首を覚えると楽に思いだせる
(例):話す→ごんべんと舌で話す・森→木+木+木で森

 

◆インプットするだけでなく、必ずアウトプットをする
日記や作文にならった漢字を使うようにする

 

 

第二章 漢字活用法

 

せっかく覚えた漢字も使わなければ忘れてしまいます。日記や作文など書いて習った漢字を使うようにしましょう!

 

インプット(漢字練習などで覚える)だけでなく、必ずアウトプット(習った漢字を使って日記や作文を書く)をすることで頭に残り使えるようになるのです。

 

 

 

  1. 漢字は一つ一つの部品の組み合わせ
  2. 漢字の意味:部首  漢字の読み:部首以外の漢字
  3. 漢字を分解してゲームのようにして覚える

 

151251

 

例:「清」

部首→さんずい 水に関係する
部首以外→青 「せい」と読む

 

[gadss]

第三章 まとめ

 

いかがですか?これなら、できそうですね!子どもは、きっと覚え方のコツがわからないので、ただ書いているだけなんです。だから、すぐ忘れちゃうんですよね!

 

ゲーム感覚で楽しく覚えられたら、きっと忘れません。

 

①まずは、読むことから始めましょう!

②部首を覚えよう

③部首以外の漢字が読みとなる

 

 

さんずいなら、水に関係する言葉。きへんなら、木に関係する言葉。てへんは、手に関係する言葉。と言うように、漢字には意味があるのでそれを考えながら覚えると良いでしょう!

 

そして、何度も繰り返し覚えるようにしましょう。さぁ~きっと100点取れるようになりますよ!