節約生活!ちょっとの工夫で電気代が!?

節約生活をするうえで欠かせないのが電気代の節約です。みなさんは、何か気をつけていることはありますか?電気代は、工夫次第で約50%以上の節約になるんですよ!

 

すごいですよね!

 

手っ取り早い、電気代の節約方法として知られているのが「待機消費電力を使わないようにする」ことです。みなさんも知っているかと思います。使わないコンセントはプラグからぬく。主電源をこまめに切るなどありますね!

 

もっと、詳しく紹介しますので、参考になさってください。

 

Sponsored Links

 

目次

第一章 意外と知らない「時間帯割引契約」

第二章 契約アンペアを下げる方法

第三章 待機消費電力を減らすには・・・

第四章 エアコンの賢い使い方

第五章 冷蔵庫の対策

第六章 まとめ

 

第一章 意外と知らない「時間帯割引契約」

「時間帯割引契約」と聞いても・・・ピンときませんよね!私も正直さっぱりわかりませんでした~

 

普通の家庭では「従量電灯」という契約方法だと思います。これは、どの時間帯に使っても電気代は同じというプランなんです。

 

実際に仕事で昼間は家にいないのであれば、「時間帯割引契約」をオススメします。

 

その契約内容は、22時~翌朝8時までの電気代を70~80%offにする代わりに、その他の時間帯は30%ほど高くなるという割引です。人によってはかなりの節約になりますね!

 

077307

 

第二章 契約アンペアを下げる方法

 

 

電気代の基本料金は、契約のアンペアに応じて高くなります。10アンペア下げると月に250円、年間3000円以上の節約につながるんです。

 

契約アンペアをすぐには変えられないと思いがちですが・・・手続きは簡単です!

 

電気代の明細などにのっている電力会社に電話すれば、すぐに対応してくれます。

 

【目安の値段】

 

  • 10A 273円
  • 15A 409.5円
  • 20A 546円
  • 30A 816円
  • 40A 1092円
  • 50A 1365円
  • 60A 1638円

 

年間のことを考えると・・・かなりお得ですね!ドライヤーとエアコンを同時に使うとブレーカーが落ちるくらいが良いのです。わかっていれば、同時に使うこともなくなり省エネですね。

 

第三章 待機消費電力を減らすには・・・

「待機消費電力」って、電気代の約10%なんですよ!知っていましたか?では、どうすればいいのでしょう・・・

 

188232

 

そうです。みなさんも知っているように、こまめに電源を切るのです。最近は便利なグッズもありますよね!スイッチ付きの省エネタップなど使用してはいかがですか?

 

使ってないコンセントのスイッチをoffにするだけで待機消費電力を抑えることができますよ!これなら、面倒な私にも簡単にできそうです。

 

もう一つ。各部屋ごとにブレーカーがあるので、普段使わない部屋などは、その部屋のブレーカーを落としておくのも節約につながります。

 

帰省や旅行で少しの間家を空ける場合は、必要最小限のものだけ残して、他のブレーカーを落とすようにすると良いですよ!

 

Sponsored Links

 

第四章 エアコンの賢い使い方

夏は、エアコンを使用する家庭が多いと思います。エアコンの節約方法はたくさん知られています。

 

  • 設定温度は、夏:28℃ 冬:21℃ を目安にする
  • 「弱」ではなく、「自動」運転にしよう
  • フィルターを掃除しよう
  • 室外機にカバーをしよう

 

そして、こまめに電源を消すよりも長時間つけていた方が電力消費も少ないのです。こまめに消し電源を何度もつけるとその都度立ち上がるまで電力を使うことになります。

 

第五章 冷蔵庫の対策

こちらも節約方法は知られていますよね!

 

  • 冷蔵室は詰め込み過ぎず、冷凍室は隙間なくぎっしりと!
  • 冷蔵庫は壁にくっつけない
  • 設定温度の調節。「強」→「弱」へ
  • 冷蔵庫の開閉の数を減らそう

 

  • 冷蔵庫の側面:壁との間を2cm以上はなす。
  • 背面:10cm以上はなす。
  • 上面:物を乗せず、10cm以上開けること。

 

023727

 

第六章 まとめ

いかがでしたか?節約生活あなたはできそうですか?今すぐ挑戦してみる価値ありです。賢く使って、がっちり節約!電気代を節約し、家計を上手にやりくりしましょう!

 

これなら、エアコンを我慢するわけでもないし、電源を切って電気をつけず「ろうそく」生活するわけでもないので、手軽にできそうですよね!

 

 

節電を心がけ、地球にエコな生活をしてみませんか?

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ