【長寿祝い】名称と由来を紹介!還暦祝い何贈る?

長寿を祝うのは、もともと中国の風習で「賀寿(がじゅ)」とも呼ばれます。長寿を祝う節目の年齢には、還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿など・・・名称があります。

 

賀寿は満60歳(数え61歳)の還暦から始まりますが、平均寿命が延びた今日では、満60歳はまだ現役で長寿という感じでもありません。

 

本当の意味での長寿のお祝いは70歳の古希からが本番といえるでしょう。賀寿は、年齢を重ねれば重ねるだけおめでたいものです。子ども達や孫が中心となって計画し、思い出に残るイベントにしましょう!

 

 

今回は、長寿のお祝いの仕方、名称の由来など紹介します。

Sponsored Links

 

目次

第一章 賀寿の名称と由来

第二章 長寿祝い仕方とプレゼント

第三章 まとめ

 

第一章 賀寿の名称と由来

賀寿は、年齢を重ねれば重ねただけおめでたいものです。それぞれ、呼び名と由来があるので紹介します。

 

096508

 

 

満60歳・・・還暦(かんれき)

干支が60年でひと回りし、生まれ年の干支に還ることから「暦が還る」という意味で還暦。また「赤子に還る」という意味合いから、赤いちゃんちゃんこ・赤い帽子・赤い座布団などを着用し、長寿の願いを込めてお祝いします。

 

 

数え66歳・・・緑寿(ろくじゅ)

99・88・77歳は賀寿はあるのに、66歳はないので2002年に日本百貨店協会が提唱。

 

 

数え70歳・・・古希(こき)

唐の詩人の詩に「人生七十年古来稀なり」にちなんで(70歳を超える人は少ないという意味)

 

数え77歳・・・喜寿(きじゅ)

「喜」の草書体で書くと、七を3つ書き七十七に見えるので

 

 

数え80歳・・・傘寿(さんじゅ)

「傘」の略字が「八十」に見えることから

 

数え88歳・・・米寿(べいじゅ)

「米」という字を分解すると「八十八」になるから

 

 

084588

 

数え90歳・・・卒寿(そつじゅ)

「卒」の略字が「九十」になることから

 

数え99歳・・・白寿(はくじゅ)

「百」から「一」をとると「白」になることから

 

 

数え100歳・・・百寿(ももじゅ、ひゃくじゅ)

百賀(ももが)ともいう。また、100年は一世紀を表すことから「紀寿(きじゅ)」ともいう。

 

 

100歳以降は、毎年お祝いをする家庭もあります。

 

243910

 

お祝いなので何かプレゼントしたいけど・・・どうすればいいのでしょう・・・?悩みますよね!次の章で紹介するので見てみてくださいね。

 

 

第二章 長寿祝い仕方とプレゼント

還暦祝いの贈り物といえば・・・「赤いちゃんちゃんこ」「赤頭巾」「赤い座布団」が定番でしたよね!最近は、実用性がないのであまり喜ばれないようです。

 

その代わりに、赤い服やネクタイ、下着など生活に役立つものを送ることが多いようです。しかし、特に決まりはないので、本人より希望のものを聞き、プレゼントしてもいいでしょう!

 

最近は、品物よりも食事会をしたり、家族旅行をしたりする人も多いようです。本人の誕生日の前後や敬老の日などの休日を利用しています。

 

029742

 

旅行などの場合は、ホテルなどによりますが、ちゃんちゃんこを貸し出してくれたり、誕生日特典がついていたりするので、事前に確認しておくといいでしょう!

 

心に残るお祝いをしたいですよね!

 

Sponsored Links

 

第三章 まとめ

長寿のお祝いって、いろんな名称があるんですね!そして、その由来を見ると、漢字を略していたり、なぞかけのようにして出来ていることがわかりました。

 

一つ一つ見ていくと面白いですよ!

 

 

長寿のお祝いは、年齢を重ねれば重ねるだけおめでたいものです。子ども達や孫が中心となって計画し、思い出に残るイベントにしましょう。きっと喜んでくれるはず!!

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ