千葉市科学館!工作と実験とプラネタリウムを紹介!

千葉市科学館は、大人から子どもまで楽しめる参加体験型科学館です。

日常生活の中で、何気なく見過ごしている現象を科学と結び付けて紹介しています。

 

千葉市科学館は、「Qiball(きぼーる)」と呼ばれている複合施設の中にあり、

7階~10階までが科学館です。 各階にワークショップもあり、工作体験ができます。

 

「Qiball(きぼーる)」の入り口から目に入ってくる、茶色の球体・・・

蜂の巣のようにも見えます。 なんと!科学館の中にプラネタリウムがあるのです。

 

プラネタリウムは、星や宇宙のお話、そして普段は見ることのできない 星空に感動しますよ!

ゆったり座って見ることができるので良いです。

科学館は、雨でも楽しめるのでオススメです!

Sponsored Links

目次

第一章  各フロアの紹介

第二章 プラネタリウム

第三章 料金とアクセス

第四章 まとめ

 

第一章  各フロアの紹介

7階 エントランス

ここで、入場チケットを購入します。 プラネタリウムと常説展示がセットになったものや、

パスポートなど購入できます。 詳しくは、第三章でお伝えします。

 

プラネタリウムはこのフロアです。

ミュージアムショップもあり、みんなが楽しめる工作や実験セット、

科学館オリジナルのグッズなどもあります。記念になりますよ!

 

8階 ワンダータウン

視覚、音、数、光の不思議な世界を楽しく探究します。

 

傾いた部屋では、斜めに感じて、フラフラします。

音作り職人のコーナーでは、映像に合わせて音を作れます。

 

数とかたちの不思議のコーナーでは、ゲームやパズルが楽しめます。

これなら、算数嫌いな子でも楽しく参加できますね!

 

9階 テクノタウン

暮らしを支える技術を通し、その原理を知る。

 

電気、機械、ロボットやデジタルなどの技術を見ることができます。

スケルトンカーは、車の中の構造を見ることができますよ!

 

他にも、リモコンモノレールを動かすことができたり、

昔のおもちゃで遊べるコーナーがあったり、センサールームもあります。

産業技術や科学技術を学べますよ!

 

10階 ジオタウン

宇宙と地球、自然と生命の不思議を体験できます。

 

地球環境を知ることができ、今も変化し続ける地球を違った視点からみて、

体験できるゾーンです。

お天気スタジオがあり、ニュースキャスターになって、原稿を読んだりできます。

 

昆虫観察や昆虫の擬態、昆虫が自然環境の中で生きる凄さを知ることができますよ!

子どもは、隠れている昆虫を探すのが楽しかったようです。

 

宇宙を探るコーナーでは、ムーンウォーカー月の重力を疑似体験できます。

時間が決まっていて、一日3回だけです。

(10:30~11:00 13:30~14:00 16:00~16:30)

 

各回定員18名で、120cm以上で100kg未満の方が対象です。

整理券を開始時間前に配るのでもらいに行きましょう。

 

10階には、スカイガーデンがあり、こちらでお弁当など食べることができます。

混んでいる時は、少し早めに昼食を摂ると良いでしょう。

8階、9階にも休憩用のベンチがあります。持ち込みOKなので良いですよね!

 

ターミナルワークショップ

各階、エスカレーターより上ってくると目の前にあります。

それぞれ違った工作や実験などが楽しめます。

時間も違うので、始めに自分のやりたいものをチェックしておくといいでしょう。

 

ターミナルワークショップは、各回定員15名です。

開始15分前より整理券を配ります。

人気のワークショップはすぐにいっぱいになってしまいます。

 

私は何度も行っているのですが、その月によって作るものも違います。

ルーペやクリップホッパー、モビール、ゴムの仕組みを利用した飛ばすロボット、

日本の幾つかの海岸の砂調べや雲の種類を綿で作るものなど・・・

 

自由研究に出来そうな工作や実験がいっぱいです。

所要時間は15分くらいで、説明もしてくれるのでわかりやすいですよ!

 

他にもボランティアによる科学工作体験があります。

こちらは、比較的定員が多いので参加できるのではないでしょうか。

 

第二章 プラネタリウム

7階にあります。チケット購入時に時間を指定できます。

上映時間により、内容が違うので確認してくださいね!

 

1000万個を超えるリアルな星空をゆったり見ることができます。

迫力ある映像に感動しますよ!

9月は、リニューアル準備でお休み中です。10月よりお楽しみください。

 

第三章 料金とアクセス

 一般券 常設展示:大人510円 高校生300円 小・中学生100円

プラネタリウム:大人510円 高校生300円 小・中学生100円

 

セット券 常設展示+プラネタリウム:大人820円 高校生490円 小・中学生160円

他にも、団体割引が30名以上で適用。年間パスポートもあります。

10月18日は市民の日で無料開放日です。行ってみて下さいね!

 

アクセス

電車:JR総武線千葉駅東口より、徒歩15分
京成線千葉中央駅より、徒歩6分
千葉都市モノレール葭川公園駅より、徒歩5分

バス:JR千葉駅東口バス乗り場、7番・10番より、「中央3丁目」下車約5分

複合施設Qballきぼーるに、有料駐車場があります。(300台)
車の場合は、こちらをご利用ください。

 

第四章 まとめ

千葉市科学館は、科学を身近に感じることができ、いろいろな工作や実験など

体験できるので楽しいですよ!

プラネタリウムもゆったり見ることができるのでオススメです。

 

各階のワークショップは、無料で体験できるので得した気分です。

時期により、特別展もあるのでぜひ行ってみて下さい。

科学って楽しいですよ!

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ