喉の痛みを早く治す方法!喉に効く食材を紹介!!

寒くなってくると、風邪や乾燥などで喉が痛くなることありますよね。

喉が痛いのは、風邪の前兆です。

ひどくならないうちに早く治したいですよね!

 

そんな時、自宅で簡単に治す方法があったらいいなと思い

喉の痛みに効果のある方法や食材、レシピなど・・・

いろいろ試してみたので紹介します!

 

そもそも、どうして喉が痛くなるのか?

原因と対処法も紹介しますね。

風邪を未然に防いで、元気に過ごしましょう!

目次

第一章 喉の痛みの原因

第二章 対処法

第三章 喉の痛みに効く食材とレシピ

第四章 まとめ

 

第一章 喉の痛みの原因

喉の痛みの原因

風邪によるものが一番多いです。

喉の痛みと同時にもでることがあります。

 

花粉症で喉が痛くなることもあります。

 

急性扁桃炎

喉の奥にある扁桃腺に炎症が起こること。

風邪の一症状として現れます。

 

喉頭炎

気管と食道の境目ににある、喉頭に炎症が起こること。

これも風邪の症状として現れることが多いです。

 

第二章 対処法

マスクをつける

マスクは、病原菌や乾燥から喉を守ります。

食事以外の時は、マスクをしましょう。(就寝時もすると良い)

 

喉を温める

ハイネックの服を着たり、家の中でもマフラーやストールなどをして、

首を冷えから守りましょう。

 

うがいをする

塩や生姜汁を入れたぬるま湯でうがいをするとスッキリしますよ!

イソジンのうがいも良いですね。

 

ストレッチで血行を増進する

肩を回したり、肩甲骨の間あたりに喉に効くつぼがあります。

首と肩甲骨の間(背中)を温めるといいですよ!

 

第三章 喉の痛みに効く食材とレシピ

大根のはちみつ漬け

大根には、消炎作用があり、喉の腫れを和らげる効果があります。

はちみつものどの炎症を抑える効果があります。

材料:大根、 はちみつ

①大根は1cmの角切りにし、タッパーに大根とはちみつを入れます。

②一晩そのままつけておき、上澄みの大根の汁気を含んだはちみつを

お湯や紅茶などに入れて飲むと効きますよ!

 

漢方では、喉と肺を潤すと言われています。

水分を多く含み、カリウムやビタミンなどの栄養素もある為、

風邪の時の水分補給にピッタリな食材です。

 

ネギ

昔からネギは風邪に効く、と言われています。

長ネギの白い部分を5cmくらいに切り、さらに縦に2つに割り、それを10本くらい用意します。

熱湯につけてしんなりさせ、切って断面を首にあてるようにして湿布します。

これで、喉の痛みや咳も和らぐと思います。

 

れんこん

れんこんに含まれるタンニンが喉の腫れや咳を改善してくれます。

れんこんのしぼり汁とはちみつを混ぜて、お湯に混ぜて飲むと風邪に効くそうです。

れんこんのネバネバは胃腸の調子も整えてくれますよ!

 

梅醤番茶

風邪のひき始めには、これを飲むと効きます。

材料:梅干し1個、しょうゆ少々、生姜のおろし汁少々、お茶

①湯呑に梅干しを入れ、箸などで潰します。

②梅干しにしょうゆ、しょうがを加え、お茶を注いで出来上がりです。

 

生姜も入っているので、体が温まります。

 

第四章 まとめ

風邪のひき始め、喉がイガイガを感じたら、これらを試してみてはいかがでしょうか?

身近な食材で治るなら良いですよね!

 

でも、どうしても治らず、つらい時は病院へ行きましょう。

元気が一番です!!