溶連菌感染症の症状や治療をわかりやすく紹介!

溶連菌感染症、聞いたことはあるけど・・・よくわからない。

そんな方多くないですか?

子どもに多い感染症の一つです。

 

幼稚園や学校など集団の場での感染が多く、

に発症することが多いです。

ウイルスや細菌に感染し、のどに炎症を起こし、痛くなる病気です。

 

発熱と喉の痛みが主な症状です。

鼻水や咳はあまりみられません。

 

今回は、溶連菌感染症の治療、予防法など紹介します。

これからの時期、流行ってくるので気をつけましょう!

目次

第一章 特徴と症状

第二章 感染経路

第三章 予防法

第四章 治療法

第五章 まとめ

 

第一章 特徴と症状

◆溶連菌感染症の特徴

38~39度の発熱とのどの痛み

嘔吐など風邪の症状がみられます。

 

薬を飲み始めると、2~3日くらいで熱が下がりますが、

完全に溶連菌を退治するまでは、10日くらい抗生剤を飲む必要があります。

完治したかどうかは、症状が落ち着いてから、2~3週間後に検査でわかります。

 

勝手に抗生剤をやめたりせず、病院を受診しきちんとみてもらいましょう。

 

◆症状

38~39度の発熱とのどの痛みや嘔吐などみられます。

その後、発疹が身体や手、足に現れたり、舌にイチゴのようなブツブツができます。

 

病院を受診し、抗生剤をきちんと飲むと熱は、3~5日で下がります。

解熱後に皮膚がふやけたようにむけてくることがあります。

 

アトピー性皮膚炎の子は、病変部に溶連菌が入り込むと

重症化することがあるので注意しましょう。

 

第二章 感染経路

溶連菌感染症にかかった人の咳やくしゃみなどで感染します。(飛沫感染)

溶連菌に汚染された食品が原因の場合もあります。

 

家族で一人がかかったら、特に一緒に遊んでいる兄弟は、感染しやすいので注意しましょう。

 

第三章 予防法

溶連菌感染症には、予防接種はありません。

健康な人でも、溶連菌を持っている可能性があります。

 

他の感染症と同様に、手洗い、うがいを徹底しましょう。

飛沫感染を防ぐためにもマスクは有効と考えます。

 

第四章 治療法

病院を受診し、有効な抗生剤をきちんと飲むことが大切です。

一部の抗生剤以外は、10日~2週間飲み続ける必要があります。

抗生剤を飲み始めれば、熱も下がり調子も良くなってきますが、

内服後24時間経過後に感染力は低下するようなので、それまでは自宅療養しましょう!

 

症状が軽減した後も2~3週間後に尿検査をして血が混じってないか調べる必要があります。

なぜなら、血尿や急性糸球体腎炎などになる恐れがあるからです。

2~3週間後、病院を再度受診し、何もなければ完治となります。

 

喉が腫れて痛みを伴うため、のどごしのよい、消化のよいものを食べましょう。

例えば、ゼリーやプリン、スープ、お粥やうどんなどがオススメです。

食べられない時は、水分だけでも摂るようにしましょう!

 

入浴は、調子が良ければ入っても良いですが、発疹がある場合は、熱いお湯は避けましょう。

痒みがひどくなる可能性があります。

 

第五章 まとめ

溶連菌感染症は、子どもに多く発症しますが大人も感染します。

風邪と似た症状なので、間違えやすいです。

 

日頃から、感染症にならないよう手洗い、うがいを徹底しましょう。

乾燥してくるこの季節、元気に過ごせるよう日頃から気をつけましょう!