節分と恵方巻き!今年の方角や豆まきの仕方を紹介!

知っていましたか?節分は、年に1回だけではないんです。

節分の由来・意味は季節を分けるという意味もあり、

春夏秋冬の季節の始まりはすべて節分なんです。

 

つまり1年に4回、それぞれの季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の

前の日が節分の日となるんですよ!

 

この中で、一番有名なのが立春の前の日にあたる2月3日ではないでしょうか?

 

みなさんは、この日に豆まきと恵方巻きを食べていますね。

日本では昔から立春が一年の始まりとされていたので、

この日が一番良い日とされていたため行事として今も残ったと言われています。

 

これから始まる、新しい一年が「不幸や災いのない一年になりますように」

と願いを込めて節分を行うようになりました。

この節分について意味や行事など紹介します!

Sponsored Links

目次

第一章 節分の由来と意味

第二章 豆まきの仕方

第三章 恵方巻きの食べ方

 

第一章 節分の由来と意味

本来、節分とは季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、

春を迎えるということは新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったため、

室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。

 

立春は、二十四節気の最初の節気。

二十四節気のことを知ると、節分の重要性がわかります。

 

2月3日は節分。節分は立春の前日をさし、

立春は、四季が一周して新たな都市が始まる日とされ、

その前日は、「大晦日(おおみそか)」と同じように考えられていました。

 

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、

新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、宮中行事として追儺(ついな)

という行事が行われるようになり(俗に鬼やらい厄払いとも呼ばれます)、

その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきというわけです。

 

 

第二章 豆まきの仕方

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。

米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや

魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。

 

また、昔々、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって

大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。

ただし、豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。

 

これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪い

とされているからで、「炒る」が「射る」にも通じます。

つまり、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるわけです。

※節分用に市販されている大豆は炒ってありますが、一応ご注意ください。

086424

◆豆まき

①福豆を用意します。(福豆とは言った大豆のこと)
家に神棚があればまく日の朝から神前に供えておきます。
(枡などに入れて夜までお供えしておきます)

②豆をまく時は、「益々繁栄しますように」と豆を枡に入れます。
豆まきは、夜中が適しているようですが、夕暮れから夜にかけて行う家が多いです。

③豆をまくのは一家の主人が良い。
本来は家長の役目ですが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。
とはいえ、家族のイベントという意味合いも強いので家族全員でしても良いでしょう!

④豆まきは、外に向けて2回、内に向けて2回行います。
家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、
鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めてから、「福は内!」と部屋の中に撒きます。

奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして最後は玄関まで撒きましょう!
(口上、回数、順番などは地方によって異なりますし、珍しい事例がたくさんあります)
※このほかにもさまざまな豆のまき方があるようです。
地方ごとのやり方を参考にしてみるのもよいかも知れません。

⑤最後に豆を食べましょう。
豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べます。

(新しい年の厄払いなので1つ多く食べる、いわゆる 数え年として1つ多く食べる、
もともとが数え年と考え新年の分を加えて2つ多く食べる、満年齢のまま食べるなど、
地方によって異なる場合もあります)

数が多くて豆が食べきれない場合には、福茶を飲む方法でも構いません。

 

◆豆を散らかさない方法

豆まきの後のお掃除は大変ですよね!

そんな場合は、ビニールシートを敷く小分けになった袋ごとまく

北海道のように落花生をまくなど、工夫次第で手間も省けますよ!

 

豆まきのしかたも千差万別。各家庭でいつのまにかできた我が家のルールがあるものですが、

典型的な(家庭版)豆まきのしかたも参考にしてみてくださいね。

第三章 恵方巻きの食べ方

恵方(えほう)とは、十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のことです。

その年の最も良いとされる歳徳神(としとくじん)の方角です。

恵方は毎年変わり2015年は西南西の方角になります。

 

なぜ、巻きずしを食べるようになったんでしょうか?

これは、「巻く」と言うことから「福を巻き込む」

切らずに食べることから「縁を切らない」と言う意味が込められています。

 

巻きずしの形が黒くて太いことから、「鬼の金棒」にみたて豆をまくのと同じように

鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようですよ!

 

恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、巻きずしを丸かぶりしましょう!

巻き込んだ福がこぼれたり、切れたりしないようにするため、

願いごとをしながら、黙々と最後まで食べます。

 

みなさんに福がきますように・・・

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ