成田山新勝寺!節分会(せつぶんえ)

成田山新勝寺と言えば、交通安全祈願や護摩祈祷の為に訪れる方も多く、

お正月の初詣でには300万人弱の人が訪れ、明治神宮に次いで

2番目に多い初詣の人数となっています。

 

その成田山新勝寺で行われる、節分の豆まきを成田山節分会と呼び、

毎年4万人弱の方が訪れています。

 

お目当は、豆を拾うよりも、芸能人を一目見ることが目的の人が多く、

大本堂から続く特設舞台前は、身動きが取れない程の混雑となります。

 

毎年、節分に大河ドラマの出演者や大相撲力士が豆まきに登場し、

その様子がテレビで中継され有名です。

 

初詣と節分会は、普段の何倍もの人で賑わいます。

とにかく人が多いので、早めに行くことをオススメします。

女性の方は、スカートやヒールのある履物は避けた方がよいですよ!

目次

第一章 成田山新勝寺の節分会

第二章 節分会の日程

第三章 成田山新勝寺までのアクセスと駐車場

第四章 まとめ

 

第一章 成田山新勝寺の節分会

成田山新勝寺で芸能人や力士が豆まきを行うようになったのは、

1968年に成田山大本堂の完成を記念し、大相撲高砂部屋の当時の親方と

NHK経済部のスタッフによって行われたのが始まりだとされています。

 

現在では、NHKの大河ドラマに出演する芸能人や大相撲力士が多く訪れています。

2015年の「節分会」も、通常通り2月3日に行われます。

成田山新勝寺では、節分を正式には「節分会(せつぶんえ)」と言い、

五穀豊穣や転禍為福、万民豊楽、国土安穏を祈願します。

 

また、大豆の他にお守りや落花生を撒くのも成田山新勝寺ならではだと思います。

さらには、不動明王の慈悲により鬼を追い払うのではなく、

福だけを呼び込むという意味で「鬼は外」とは言わず、「福は内」だけを言います。

 

節分会とは

成田山新勝寺で行われている「五穀豊穣」や「転禍為福」「万民豊楽」「国土安穏」などを

祈願して行われる豆まきの催し物のことです。

 

成田山新勝寺の大本堂前で豆まきが行われます。

 

大相撲の横綱など有名力士が年男となるのが恒例になっており、

カミシモやハカマで正装した力士らが、大本堂前に詰めかけた信徒や観光客に向かって

「福は内、福は内」のかけ声とともに豆をまきます。

 

節分会の豆まきは2種類

芸能人や力士が豆を撒く「特別追儺豆まき式」と

参加料1万円を払って行う「開運豆まき」があります。

 

第二章 節分会の日程

◆特別追儺豆まき式

芸能人や大相撲力士が豆を撒きます。
①11:00~
②13:30~
③16:00~

3回あるうちの11時からと13時半からの豆まきに芸能人や力士が出ているようです。

 

◆開運豆まき

参加料1万円を払って行います。こちらは一般の方が参加できます。
①9:30~
②12:30~
③15:00~

各回100名までの参加となっています。(当日申し込み可、子ども可)

 

◆節分会のゲストを予想

2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」より、井上真央さん、東出昌大さん、大沢たかおさん、

伊勢谷友介さんなど来ていただけたらいいですよね!

他には、スポーツで活躍している方々も来てくださるかも知れませんよ。

 

まだ、発表されていないのでよくわかりませんが、

たくさんの著名人が来ることは間違いないです。

 

第三章 成田山新勝寺までのアクセスと駐車場

大本山成田山新勝寺
住所:千葉県成田市成田1番地
電話:0476-22-2111(代表)

 

電車

「京成電鉄 京成成田駅」または「JR線 成田駅」より 徒歩10分
上野駅から特急で約65分、空港第2ビル駅からは急行/特急で約8分

上野駅シティライナーで約60分(毎日11時の御護摩に合わせて運行中)

※大晦日には、終夜運転となります。

 

JR線利用の場合

東京駅から横須賀線/総武線直通の「快速エアポート成田」で約70分
空港第2ビル駅からは約8分
上野駅から常磐線我孫子駅経由で約80分
※大晦日には、終夜運転となります。

東関東自動車道成田ICから、国道295号線へ出て、寺台インターへ向かってください。
寺台インターを直進)→国道408号線→11番(成田山裏門入口)の信号を左折→
直進すると左手に成田山新勝寺

 

駐車場

弘恵会土屋駐車場(徒歩3分)
弘恵会田町駐車場(徒歩3分)
弘恵会本町駐車場(徒歩3分)

※その他駐車場、市営駐車場もありますよ!

 

第四章 まとめ

成田山新勝寺は千葉県にあります。

東京からでも電車で一時間程度で行けますので、

是非、節分には祈願と開運に成田山新勝寺を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

オススメのお守り

勝御守

「何事にも負けない心を身につける。」

成田山の寺号でもある新勝寺の「勝」の一文字をいただく「勝御守」です。

自分が弱い心に負けそうな時、苦難を耐え忍ぶ強い心へと導いてくれる

御守です。是非、試してみませんか?

首から下げられるようになっているので、肌身離さず持っていることができますよ!