科学技術館!雨でも子どもと楽しめる体験を徹底紹介!!

科学技術館は、いろいろな科学や技術の不思議とその仕組みを

見て、触って、体験できる場所です。

 

子どもと一緒に楽しみながら、

科学と技術に興味と関心を深めることができるところです。

雨でも楽しめるので是非行ってみて下さいね!

 

目次

第一章 科学技術館のおすすめブースはここ!

第二章 アクセスとご利用案内

第三章 まとめ

Sponsored Links

第一章 科学技術館のおすすめブースはここ!

2階から5階まで約20の展示室や実験・工作教室など、

ブースが分かれています。

私のおすすめは、5階です!

 

5D メカ

ここでは、体全体を使って、大きな鉄の玉を移動させていく、

歯車やバネ、ネジ等の応用した装置があります。

子どもは、汗びっしょりになりながら、楽しんでいました。

 

5E オプト

光の原理や現象を学ぶことができます。

ここでは、レーザーを使って

消しゴムに名前を焼きつけることができます。

オリジナルの消しゴムは記念になりますよ!

 

料金は100円

1日2回で、各回30名と限定されているので、

朝一番にここへ行き、予約をおすすめします。

 

私が行った時は、混んでいて10時頃に予約に行き

午後の回にギリギリ予約ができました!

 

 5F イリュージョンA

錯覚や錯視の体験ができます。

私はちょっと目が回り、長く体験できませんでしたが、

子どもは、とても楽しんでいましたよ!

 

5I ワークス

大きなシャボン玉を作ることができます。

シャボン玉の中に入って写真を撮れるので混んでいます。

 

実験コーナーがあり、超低温の実験や空気砲など

科学の実験が楽しめますよ!

 

私が行った時は、午前中に-196℃の液体窒素の実験を見て

午後は空気砲を体験しました。

 

他にも静電気や風の実験など、その日の参加人数により違うので

何度も行きたくなりますよ!

息子は、家に帰ってきてから段ボールで空気砲を作っていました。

 

2階は、車やバイクの模型があったり、ゲーム形式で楽しく

安全、環境にやさしい技術を学べます。

 

3階は、きれいなオーロラの発生、原理を学ぶことができたり、

生活に欠かせない、電気の使われ方や現象が体験できます。

 

4階は、建設現場をイメージした展示室で、タワークレーンの体験ができます。

ロボットと会話ができたり、燃料電池の実験などもあります。

味覚教室もあり、「だしのうま味の大切さ」など紹介しています。

 

第二章 アクセスとご利用案内

電車の場合:

東京メトロ東西線 「竹橋」駅下車 1b出口より徒歩約550m

1b出口より出ると、毎日新聞社の建物があり、近代美術館の横を通り、

国立公文書館お通り過ぎ、右折し坂を上り駐車場が見えてきます。

 

すると、緑の中にあの白い☆模様の建物が発見できると思います!

 

東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下」駅下車

2番出口徒歩800m

日本武道館の横を通り、北の丸公園の中を通って行きます。

 

車の場合:

首都高速都心環状線(外回り)代官町出口からすぐ

首都高速都心環状線(内回り)北の丸出口からすぐ

 

北の丸公園内駐車場 8:30~22:00

普通車の料金は3時間400円 (1時間毎に100円加算)

駅から、そんなに遠くなかったので電車で行くと良いです。

開館時間:9:30~16:50 (16:00までに入館)
休館日:水曜日 (夏休みなど長期の休みは水曜日も開園)
入館料:大人700円 中学生、高校生400円 子ども(4歳以上)250円
65歳以上500円

 

各種カードや会員証による割引制度があるので、

チケットカウンターで確認してみて下さいね!

 

第三章 まとめ

体を動かすことが好きな子どもは、一日いても飽きないと思います。

とにかく、広くて見どころいっぱいですよ!

大人も楽しめ、とても勉強になります。

 

各ブースの近くには、ベンチがあり休憩できます。

団体休憩室もあるので、お弁当を持って行けば、

一日中いられます。

 

夏休みなど長期のお休みは、とても混んでいます。

平日の朝早く、行くことをおすすめします!

 

ミュージアムショップには、実験で見たものや

体験したくなるものがたくさんありましたよ!

 

くねくね鉛筆や光にあてると絵が浮かび上がるインスタントUV写真、

ビー玉万華鏡やブーメランなどおもしろグッツがいっぱいです!

思わず、買ってしまいました。

 

みなさんもおもしろグッツ探してみて下さい!

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ