脂肪を燃焼させる食べ物!太らない体を手に入れましょう!

焼き肉、ステーキ、パスタ、ケーキなど美味しいものは、

高カロリーなものが多いですよね!

食べ過ぎると脂肪になります。

 

でも、食べたいものを制限するのはツライです。

食事の方法を工夫すれば脂肪にならないんですよ!

 

コツは、脂肪を燃焼する食べ物を摂る事です。

それを知っていれば、太らない身体になりますよ!

 

今回は、脂肪を燃焼する食べ物と食事法を教えます。

[gads]

 目次

第一章 脂肪を燃焼する食べ物

第二章 太らない為の食事法

第三章 まとめ

 

第一章 脂肪を燃焼する食べ物

  • 赤身のお肉
  • 魚類
  • 海藻類
  • チーズ
  • さつまいも
  • りんご
  • トマト

 

◆赤身のお肉

ステーキなど赤身のお肉には、L-カルニチンという特種なアミノ酸があります。

カルニチンは、脂肪を燃焼しエネルギーに変える栄養素なのです。

 

◆魚類

鮭やいわしには、脂肪の代謝を促すビタミン類が多く含まれます。

 

◆海藻類

ワカメや昆布、海苔などには、ヨウ素というミネラルが豊富です。

ヨウ素は、新陳代謝を活発にします。

 

◆プロセスチーズ

チーズには、ビタミンAやビタミンB2が豊富に含まれます。

ビタミンA:皮膚や粘膜を健康に保つ働き
ビタミンB2:細胞の成長を促進させ、肌をきれいに保つ働き

 

ダイエットには、欠かせない食品ですね!

 

◆さつまいも

脂肪燃焼ビタミンであるビタミンB2を含み、

糖分の吸収を抑制してくれるクロロゲン酸も豊富です。

 

便秘解消にも効果大なので、ぜひ摂りたいですね!

 

◆りんご

りんごには、食物繊維であるペクチンが豊富です。

ペクチンには、整腸作用と基礎代謝をアップし、中性脂肪を減らす

効果があります。

 

◆トマト

中性脂肪を減少させる働きがあります。

メタボリックシンドロームの予防にも役立ちます。

摂取するなら夜の方が効果大です。

 

第二章 太らない為の食事法

  1. 食べる順番に気をつける
  2. フルーツや野菜をたくさん摂る
  3. 炭水化物の摂り方を工夫する
  4. 食事を抜くのはやめる
  5. 夜遅い食事は避ける

 

058832

1.食べる順番は・・・

満腹感を得られれば、食べ過ぎをストップできます。

①お味噌汁やスープなどからにして、お腹の働きを促しましょう
②副菜やサラダを食べます
③おかずを食べます
④最後に炭水化物を摂るようにしましょう!

 

2.フルーツや野菜をたくさん摂る

朝:ヨーグルトにフルーツを入れて食べる
昼:野菜を食べるようにする(煮た野菜や温野菜など)
夜:野菜がたくさん入ったお味噌汁やスープを摂る

 

3.炭水化物の摂り方を工夫する

朝は、多めにとります。一日のはじまりはパワーがいりますよね。

昼と夜は少なめにしましょう!

086958

4.食事を抜くのはやめる

ヒトの体は、食事の時間と時間があくと、次に食物が体に入ってきた時に

すべて蓄えようとするので、かえって太りやすくなります。

 

1日3回、できるだけ同じ時間に食事をするようにしましょう。

 

5.夜遅い食事は避ける

食事の時間が遅いほど脂肪になりやすいのです。

もし食べる場合は、高カロリーのものを避け野菜や豆類にするといいですよ!

 

第三章 まとめ

いかがでしたか?

太らない体を作ってみませんか?

 

食べるのを我慢せず、食べる順番や脂肪を燃焼する食品を

知っているだけで少し気をつけるようになるので、

無理なく続けられそうですよね!

 

後は、規則正しい生活をして、

バランスの良い食事をするのが一番です!

学校の給食は、とっても理想的ですね。

 

ぜひ試してみてくださいね!